りくるーぽん                                       りくるーぽん お問い合わせ先:058-213-8180
HOME

 履歴書は自己PRの一つです。あなたの魅力が十分に伝わるような工夫が必要です。学業、スポーツ、趣味、そしてそれらにまつわるエピソードを具体的に述べながら、長所や今後の目標などの伝えたい事を絞って、簡潔にまとめることが大切です。
特に志望動機では、あなたがこの会社に入って何がしたいのか、自分は何が出来るのかを正直に具体的に書きましょう。履歴書の記入が終わったら、以下の4項目を再度チェックしましょう。
 ①必要事項をもれなく書いているか。
 ②誤字脱字がないか。
 ③自分の人柄が伝わるか。
 ④的確な言葉を使って、簡潔にまとめられているか。
 もし、間違えていたら必ず最初から書き直しましょう。修正液で修正したものは印象がよくありません。履歴書は入社してから退職するまで保管される大切な書類となりますので、気持ちを引き締めて書きましょう。

「面接官からのアドバイス」
 採用担当者は山のような履歴書を相手にしているかもしれません。その山の中から、自分の履歴書を見てもらうためには、どうしたら良いでしょうか?まず何よりも、綺麗に書くことが大切です。履歴書は、書けば書くほどうまくなっていくものです。
ためて書くよりは、新しく書き下ろしていったほうが、どんどん質が高くなっていきます。履歴書を書くのが1枚で済めば万々歳ですが、なかなかそういう訳にもいきません。場合によってはかなりの枚数を書くこともあります。
自分は100枚書いていても、受け取る人にとっては、たった1枚なのです。1枚1枚を丁寧かつ大切に記入する気持ちを絶対に忘れないで下さい。

コメントは受け付けていません。